« 松竹映画部門、ここまで落ちぶれたか…『歌舞伎クラシック』 | メイン | 橋下徹、古典芸能お局に事実上の「喝!」 »

しぇ〜! 鬼畜松竹実録系配役主義に走る???

 歌舞伎で政略結婚のために女を捨てるってたら、モックンじゃない民谷の伊右衛門。

 そんな伊右衛門に捨てられる女ったら四谷様。(お芝居の世界では「お岩さん」なんて云ったら素人丸出しでございますよ。)

 この2人をあーちゃん(染五郎)と、あーちゃんの一方的に捨てられた元フィアンセの実弟・カズヤス君が勤める7月の歌舞伎座。何もなければいいんですけどね。神田明神様のパワーは強いですし、両親が緋牡丹お竜に鬼平ですから心配してないですが…。

 代役・松緑を期待している私も伊右衛門並に鬼畜でございます。m(_ _)m

 それにしても新装再開場4ヶ月目!にふさわしい演目でございます。4日初日ですから、13足して17日の切符でも取っていただければ代役で観られる気がしてまいりました。(ワクワク)(大人のシャレですよ、お分かりとは存じますが。)

http://www.kabuki-bito.jp/news/images/kabukiza_201307.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/217

About

2013年06月07日 09:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「松竹映画部門、ここまで落ちぶれたか…『歌舞伎クラシック』」です。

次の投稿は「橋下徹、古典芸能お局に事実上の「喝!」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。