« 国立劇場開場45周年記念シーズン開幕と尾上菊五郎 | メイン | 武智歌舞伎を知る手がかり ― 岡本章・四方田犬彦 編『武智鉄二 伝統と前衛』 »

辰巳くんがいなくなった菊五郎劇団

 先日、国立劇場で十月歌舞伎公演、『開幕驚奇復讐譚』を観ました。

 菊五郎劇団の通し狂言ですから、もちろん立ち回りもありました。その立ち回りに夏、自殺未遂で重体と報道され、その後、亡くなられた尾上辰巳くんの姿は、残念ながら、ありませんでした。

 おそらくここ10年くらいしか舞台で拝見していない辰巳くんですが、菊五郎劇団の芝居で彼が捕り手などの1人として登場しないと、こんなにポッカリと穴が開いてしまうのかと、愕然としました。

 菊五郎が何歳になろうと、何度弁天小僧を演じようと、稲瀬川の場面で捕り手のリーダーの音吉さんがいて、屋根上には菊十郎さんが登場して、『三人吉三』の陰の声はいつものあの人で、と劇団芝居が好きな身には、あんなに若くして舞台からひょっこりいなくなる役者がいることが、こんなにさみしくて、切ないものかと…。

 以前、幕内の知り合いの楽屋見舞に行った際、花四天の1人としてスタンバイしながら行儀良く挨拶されたことがあります。単に国立劇場の楽屋をうろついていただけなのに。(いくらこちらが貫禄ある風体とはいえ。)

 その後、俳優祭で見かけた時は若い女性ファンに声かけられていましたし、最後に見かけた時は、国立劇場の楽屋入り口そばのソファーで楽しく雑談していて、ちょっと前は舞台裏にいるだけでも緊張気味に見えた青年が、少しずつ役者になりつつあるように見えて、頼もしくも思えた記憶があります。

 辰巳くんは、劇団芝居の他にも、松緑さんの後見を勤めたり、松緑さんの所作事にも出たりと、あれだけ音羽屋に貢献していたのに、と思えて残念でなりません。 

 時蔵さんの所にいた人など、名前をもらって舞台にも出ていても、いつの間にか廃業したりする人、確かにいますが、辰巳くんは本当にこれからの菊五郎劇団に必要な1人であったろうし、主役だけではなく脇の人たちも応援する若いファンと一緒に歌舞伎を盛り上げてくれていたことは、間違いなかったであろうと確信しています。

(よ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/172

About

2011年10月24日 06:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「国立劇場開場45周年記念シーズン開幕と尾上菊五郎」です。

次の投稿は「武智歌舞伎を知る手がかり ― 岡本章・四方田犬彦 編『武智鉄二 伝統と前衛』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。