« 池波正太郎・著「又五郎の春秋」 | メイン | 長谷川一夫 »

人間国宝のコントが見られる(だけ)/国立劇場十二月歌舞伎公演「遠山桜天保日記」(初日)レビュー

 一度やったら二度と復活されないような復活通し狂言を菊五郎劇団 feat. 時蔵で国立劇場で行うのもすっかり恒例となりました。以前は秋だったものが、正月恒例となり、次回も正月ばかりと思っていたら、今回は師走の公演となりました。

 これまでの復活狂言は、それなりに価値あるものと考えてきたくらい菊五郎びいきのつもりですが、今回の「遠山桜天保日記」はいただけない。とにかく、ゆるい。すごーく、ゆるい。台本も、演出も、出演者も。本当にゆるい。台本の段階から、役者が演じる段階まで、とにかくゆるい。なにがゆるいって、すべて、です。それぞれの場面や幕をおもしろくしよう、とか、そうは言っても通し狂言なのだから、筋でもテーマでも何でもいいから一本とおしてみよう、などというクリエイティブな考えで望んだ人は皆無のようです。おっと失礼、松緑だけは工夫してました。

「遠山桜天保日記」がつまらない、とは言いません。でも、おもしろい場面は菊五郎のコントがあるところだけ。序幕 河原崎座楽屋の場の場で、客席にいた小泉純一郎元総理を意識して「初日より、元総理も…」という台詞がおもしろかった以外は、つまらない幕だな、と思いましたが、最後まで、そんな感じでした。幕によっては、かなり稽古やアイディアが不足していた感がありました。歌舞伎の砂漠化もここまできてたか、という感じ。萬次郎の男役はちょっと珍しいかも。

 二幕目 隅田川三囲堤の場で悪の主役三人が登場しますが、「三人吉三」のようなスタイルも合理性も美学も無いのが、本当に悔やまれます。役者は揃っているのに。この場面から最後までそうですが、菊之助と時蔵は、とにかく筋運びのためだけのキャラクターでしかありません。特に菊之助は、芝居する気あんの?ってくらい、最初っから最後まで、同じような芝居と声と台詞廻しのコピペ状態。確かに菊ちゃんも梅枝のパパも、いつもの復活通し狂言に比べて、しどころも工夫のしどころも少ない台本だってのは、見ていれば分かりますが、それでも、と思います。いくら初日でも、同じ座組で何度もやってること、ちょっとは客に何かを見せろ、気づかせろ、と言いたくなります。

 三幕目 成田山内護摩木山の場の最初は不動明王(團蔵)も出る夢の場面で、後半が成田山の山中の場からだんまりになる場面で、ある意味、すごく歌舞伎らしい場でもあるのですが、やっぱり何かが足りない。筋運びの上では必要なことは揃っていますが、それだけ。芝居というよりは、ショーケースのような、芝居としては死んでるに等しい。安い定食屋の刺身のように、築地を出てから地球を何週してくればこんなにマズくなるんだろう?ってくらい。余談ですが、このあたりから、女形が晩年を迎えると興味がわいてくる評論家の保ちゃんや、松竹株式会社専務のA氏まで客席にいるけど、最後まで耐えられるんだろうか?って思ってしまいました。(同じく松竹株式会社O崎の哲っちゃんまで部下と一緒に来ていて、休憩時間に専務にカラーカンプかなんか見せて説明しておりました。)

 四幕目は、全三場。第一場 花川戸須之崎政五郎内の場、第二場 山の宿尾花屋の場、第三場 大川橋六地蔵河岸の場を一気に見せます。第一場 花川戸須之崎政五郎内の場で、ヒイちゃんの按摩コント炸裂!常々、白拍子花子の姿をしていても菊五郎って、どことなく志村けんと共通点アリだよな、と思っていましたが、今月のヒイちゃんは、志村けんのひとみ婆さんに近い芸風です。(どっちもヒイちゃんですが。)で、困ったことに、菊五郎のコントが「遠山桜天保日記」で一番おもしろい。なぜかといえば、役者が客を笑わせる/楽しませるために、細かいワザが使われているから。全編大爆笑の喜劇にする必要はありませんが、按摩コントの菊五郎みたいなことを全幕、役者全員がやってたら、かなりのことになっていたことでしょう。鯛(タイ)式按摩に鯛焼きの布に下座音楽、まあ、やってくれました。それでいて、別れた夫婦の悲哀も盛り込んで、ある意味、超ぜいたくな場面な筈なんですけど、見物はみなさん菊五郎のコントに気がいってしまって、前半、亀寿と松也が出ていたことも忘れ気味。(彼らといい、今月は御曹司でも名題さんでも、一幕や半幕、ちょっとしか出番の無い役者ばかり。)菊五郎からマッサージを受ける左團次も本当はもっとおもしろいリアクションもできるものなのですが、やっぱり俳優祭じゃないし、台詞もまだ完璧には入っていないから真面目にやってました。

 チラシなどでは第二場 山の宿尾花屋裏手の場となっていますが、実際には山の宿尾花屋の閉店後の店前と裏庭を廻り舞台で交互に見せます。プログラムにも両面印刷の紙が一枚差し込まれていて、演出上の都合により変更なりました、と書いてありました。この場面、最初に尾花屋へ忍び込む場面は下座が「ピンク・パンサー」のテーマをスタンドのシンバルまで使って演奏して、それだけでもおかしいのに、人間国宝尾上菊五郎が思いっきりコケてみたり、と、「志村!」「うしろ!」と声がかかりそうなコントでした。あ、そういえば、今日初日、大向こうの声が聞こえなかった。音羽会のおばさんみたいな「音羽家!」は一度、聞こえたけど。裏庭の場面はつまらなかった。本当は何かもっとできただろうに。盆が廻って元の尾花屋の前に戻ると悪人で按摩に化けていた生田各太夫(菊五郎)が女房(時蔵)を殺すのですが、この芝居、本当に殺しの意味というか価値が低い。後の場面で、悪人としての菊五郎も殺されるのですが、まるでお嬢吉三が夜鷹を殺すよりも軽いノリ。

 第三場 大川橋六地蔵河岸の場では、菊五郎が幕切れ近くに遠山金四郎として登場するのですが、なんとも味気ないというか、もったいないというか。今回の芝居の実質的な主役である松緑が菊之助を殺そうとする場面、本来であれば相応の見せ場でもあると思うのですが、まー、なんとあっさりすまし汁。松緑は芝居する気マンマンなんのですが、受ける側の菊之助がナーナー。その喧嘩を止める菊五郎がマーマー。国立劇場食堂の弁当よりマズいでしょ、このヒネリの無さ。全編を通して観ると、確かにこの芝居は、これまでの復活通し狂言とは違って、菊五郎一人が主役を張るのではなく、次世代の実力派、松緑に力を持たせるべく世代交代のための狂言でもあることは明らかなのに、この場面から極悪人の松緑と、正義の見方遠山の金さんの菊五郎との闘いでも始めながら、松緑に芝居を半分でも担がせたらよかったのに、それを明確にしていないから、余計につまらない。

 例えば、五幕目 第一場 新潟行形亭広間の場でも、先に松緑が座敷に座っているのではなく、菊五郎を座らせておいて松緑を花道から登場させることで、パワーシフトのようなことも描けたのではないか、と思いました。同じく五幕目 第二場 同 庭先の場だってそうです。これまでの復活通し狂言の傾向からいえば菊五郎は立ち回りをしないものかと思ってたら、ちょっとやってくれました。しかし、ここは松緑にもっと殺陣をやらせて、また、極悪非道に菊五郎を殺さないといけない場面。菊五郎があんな簡単に死んでしまうなんて。

 最後はお決まりの大詰 北町奉行所白洲の場。あまりにもお決まりなので、桜の彫り物に桜の紙吹雪が落ちてきたとたん、見物も笑ってしまいました。ついでに珍しい菊五郎のトチリで場内爆笑。音羽会のおばさま方はありがたいものです。松緑の台詞がすばらしい。役人の亀三郎もいい声してましたが、若い役者であそこまで声量だけではなく意味が伝わるように言える松緑はすばらしい。来年三月の「魚屋宗五郎」も当然すぎるくらい。次世代でなんとかなりそうなのは、今の所、亀治郎と染五郎と松緑くらいだから。それに比べて菊ちゃんの心もとないこと。新劇ファンは褒めるらしいですが、歌舞伎ファンの自分はどう褒めていいのか、分かりません。

 小泉元総理をはじめ、一部ご見物の方々はイヤホンガイドまで借りていましたが、解説なんか必要がないくらいに見やすい芝居であることは確かなのですが、なんとも味の抜けたような、ゆるーい芝居でした。三囲やら下総の国やらと、歌舞伎好きにはちょいと因縁めいた土地も出て来たりするのですから、因縁めいた話のひとつでも盛り込めば、それはそれで統一感も出ただろうし、松緑の極悪人らしさももっと際立ったのではないかと思います。表面的すぎて、サブテクストが無いから、余計につまらないのでしょう。でも、人間国宝のコントなんて、日本の国立劇場でしか見られないものですから、興味のある方にはおすすめします。11時半開演、3時10分終演。実質2時間40分くらい。

 それでは最後に、ライオンからのお知らせではなく、大根川柳を。

色白く おろしてみたい 菊之助

(よ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/104

About

2008年12月03日 22:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「池波正太郎・著「又五郎の春秋」」です。

次の投稿は「長谷川一夫」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。