« 千谷道雄・著「秀十郎夜話 ー初代吉右衛門の黒衣ー」 | メイン | 池波正太郎・著「又五郎の春秋」 »

若手役者のブログ

<注:下記の情報はあくまでインターネット上の情報や出来事の伝聞・解釈であることをご了承ください。(しかし、信憑性が高い、と一部インターネット掲示板利用者に思われていることは事実です。)>

 今、若手歌舞伎俳優のブログが某掲示板で話題になっています。ドラゴン之助(仮名)という役者のブログではないか、と噂されているブログ・サイトがあり、その内容が、秋葉原系のゲームやアイドルの話だけではなく、菊五郎親子や玉三郎など、かなり幕内の人間に対して暴言を吐くようなエントリーも多く、掲示板で、これドラゴン之助でしょ、と噂になっています。

 個人的には、これはドラゴン之助のブログではなく、ドラゴン之助もしくは菊五郎劇団の内情に精通している幕内関係者ではないか、と考えます。確かに、オタクっぽいエントリーもあるし、花組芝居へ車を運転して出かけたとか、博多だ大阪だ名古屋だとリアルにドラゴン之助っぽい部分もありますが、文字ばかりのブログですから、本人のフリをするしないに関わらず、匿名性は保たれるのです。しかし、一方で大阪の劇場へ行っても広い意味での同業者と交流したとかが無いようなブログは、本当にドラゴン之助なんだろうか、と疑問に思えてしょうがないのです。

 匿名の世界の話ですから、あれがドラゴン之助のブログではない、と完全に言い切ることはできませんが、役者稼業に踊りの家元に忙しく、芝居や所作事は同年代ではダントツでも、プライベートでは決して器用とは思えないドラゴン之助が、あそこまでやるか。個人的には無い、と思います。

 ちなみにドラゴン之助のブログではないか、というサイトは閉鎖され、同サイトでの発言を「まとめ」たサイトしかありません。もちろん、ドラゴン之助がトラブルを恐れて削除した、という見方も成り立ちます。オリジナルのブログにあったという画像が見られれないので、断言はできません。

 しかし、もっとヒドい暴露・暴言ブログ(もしくは掲示板/SNSなどにおける書き込み)を書いているのが、某幹部俳優の長男プラムブランチ(仮名)!悪口罵詈雑言だけでもかなり読むに耐えないし、歌舞伎ファンとしての夢も希望もなくなりそうな内容。それだけではなく、「●●蔵と●也」と伏せ字にはなっていますが、かなりの確率で海老蔵と松也と思われる役者仲間(海老蔵ではなく男女蔵の可能性もなきにしもあらずですが…)と六本木のマンション賭博へ行って35万円儲けた話など、暴露し放題。

 ドラゴン之助のブログとされているものは、まだ、本人ではない人間が幕内情報や自分の目の前で起こっていることを書き連ねて第三者が「ドラゴン之助のブログだろ!」って言い放つことが可能なものだと思いますが、プラムブランチのブログについては、もうこれは歌舞伎役者を父に持ち弟に持ち御曹司仲間もたくさんいるプラムブランチの書き込みとしか考えられないものです。インターネット上の情報、ましてや某掲示板の情報なんて信じない自分でも、あのブログのエントリー内容は、プラムブランチでしか書けないものばかり、としか言いようがありませんでした。キャバクラもお好きなようです。

 こちらもインターネット上の匿名メディアですから、100%プラムブランチが書いたとは断言できませんが、一部を読んだだけで某立女形を父に持つプラムブランチとしか常識的に考えられないのです。

 役者や身内/関係者が他の役者やその家を妬み、意地悪なことしてみたり、というのは昔からあると言います。学校で裏サイトがあるように、一部の御曹司系の役者が仲間とのコミュニケーションツールとしてブログを利用することも十分、考えられるのですが、インターネットが公に公開されていることをすっかり忘れているのではないか、と思われます。プラムブランチは、まだまだ若いですから、ファンや某掲示板利用者が目にするなんてこと、考えてもいないのでしょうが、若いとはいえ20代前半。あまりにお粗末。彼やお父さんは松竹株式会社から給与を貰っている身分。その松竹株式会社一部上場企業ですから、仮にプラムブランチの反社会的な暴露がバレて、しかも、他の先輩幹部俳優の悪口まで書いて、タダで済むと思うのだろうか。

 思う思わないはともかく、イザという時は御曹司は守られるもの。大部屋の俳優が麻薬に手を出したり、交通事故でも起こそうものなら、廃業なのに、ぼっちゃん達は何しても大丈夫なのが梨園ですからね。

 ちなみにプラムブランチは、役者として考え方は間違ったことばかりでなく、最近、勉強会が少ない、とか、ちょっと年上の人達も、勉強会なんかしないで主役を演じてるから必要性ないのか、とオツなことを言ったりもしてくれている。でも、よく父親が共演する某人間国宝の化粧ベタが父親にも感染してきてるとか、確かにそうなんだけど、お前が言うな!って思うようなエントリーもあります。

 事情通によるとプラムブランチは、幕内の役者仲間にも嫌われているとかで、彼の性格を考えても、あのブログはプラムブランチによって書かれた可能性が非常に高いと思われます。とても元気でお金持ちのお父さんがいて、何か切迫した問題も必要もないようなおぼっちゃま生活していると、あんな暴言や暴露をブログで書くようになるのだろうか。それを考えると、ドラゴン之助のような境遇でドラゴン之助がヘンなブログを書くとは、本当に思えない。

 掲示板で噂されているようなことですから、既に楽屋雀の耳にも入っているようです。ということは、役者本人がインターネットをしていなかったとしても、奥さんなり家族がやっているケースもあることでしょうから、プラムブランチの立場が好転するとは思えません。

 そういった匿名系のブログとは別に、正々堂々と芸名を名乗って、しかも、自分の写真を掲載して日々のことなどを綴っている坂東亀三郎のブログなどは、すがすがしい。そういう意図は無いと思いますが、普通に応援したくなります。松坂大輔に顔ソックリな亀三郎がかなりの野球好きってのは、ものすごく当然のようでもありますが、公演先での写真や長唄さん達との野球のエピソードなど、こういうのこそ、育ちのいい歌舞伎の家の息子でしょ、って言いたくなります。

 役者が一般人と同じような感性や行動で「芸」が大きくなるもんか、とかなり信じている方ですが、同業者の悪口をつらねて芸が大きくなるならば、もっともっと、名優が生まれる率が高くないといけないことになります。梨園では。(よ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/102

コメントを投稿

About

2008年11月22日 20:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「千谷道雄・著「秀十郎夜話 ー初代吉右衛門の黒衣ー」」です。

次の投稿は「池波正太郎・著「又五郎の春秋」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。