« 女形の上手な噺家 古今亭菊之丞 | メイン | 第73回歌舞伎鑑賞教室「神霊矢口渡」平成20年6月・国立劇場 »

歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部レビュー

通し狂言「青砥槁花紅彩画」 白波五人男

 菊五郎の弁天小僧菊之助としては恐らく事実上の一世一代の通し狂言と思いで出かけました。(勝手な思い込みかもしれませんが。)濱松屋の場面だけならともかく、屋根上の捕り物はもう打ち止めだろうと思います。現に年中行事と化してきている菊五郎の正月国立劇場における復活通し狂言でも、昨年からは大詰めの殺陣は菊之助に任せています。それだけに今回は先月がお休みだったとはいえ、菊五郎さんよく屋根上までやったなぁ、と感心。でも、やっぱりちょっとだけ息切れ。

 今回は人間国宝菊五郎に合せるかたちで配役もかなり豪華だったと思います。バランスの問題もあったのかと思いますが、左團次の南郷力丸が一番、大歌舞伎らしかったし、場合によってはやや内向的にこじんまりと事務的ににさえなりかねない菊五郎劇団の芝居を歌舞伎座の舞台らしく外向きにしていたとも思いました。菊五郎や團十郎が、役目や役割から出来ないことを左團次がやっていたに過ぎないかもしれませんが、左團次さんは素敵です。

kiku5benten.jpg

 序幕、前髪姿の菊五郎はその品の良さと線のちょうどよい太さがよかったです。化けている盗賊ですから、あそこまで品を良くしなくとも、と思わないでもないですが、大道具や田之助の演じる局を従えた千寿姫(梅枝)の家柄を考えるとあの品格は偽りでも必要です。ダンマリの後の花道の引っ込みですが、勘九郎ので観た時は、かなり次の場につなぐ女性らしさを取り入れた引っ込み方でしたが、今回の菊五郎のは心の内に企みを秘めながらも勘九郎ほどわかりやすいものではありませんでした。

 どうしてそれが気になったかと言えば、濱松屋の場でいきなり女形になって出て来たときに、唐突さを感じてしまったからです。菊五郎も決して若くはないので、何かセルフパロディのようにも見えました。ここら辺は、よく知られた演目で、趣向が趣向だからと割り切るのが正しい見方なんでしょうけど、勘九郎式の悪事のためなら《女にだってなるよぉ〜ん》的な前振りがあっても悪くはなかったと思います。

 濱松屋ですが、前回、菊五郎が歌舞伎座で出したのを観たときは、かなり事務的にいつもの芝居ですよ的にすいすい芝居が運んだ物足りなさをちょっと感じたものですが、今回は左團次さんがいたせいかリアルタイムで起こっている出来事のようでした。番頭が橘太郎で、手代(その4)が音之助ってのが、ちょっと時代の流れを感じさせる配役でした。(あー、俺も若くはない。)近くで観ていると確かに菊五郎の弁天小僧は見た目的にはあまり説得力がない部分もありますが、例の名台詞を吐くあたり以降の居直り方は天下一品。最初は武士のように振る舞っていたのに、偽りがバレたとたんに悪党にスイッチしてしまう左團次さんの芝居も、かなり自由自在で、芸達者でも若い人には真似のできない味がありました。

 蔵前の菊五郎は必要以上に控えめの印象を受けました。芝居の中心が幸兵衛(東蔵)と日本駄右衛紋(團十郎)で、幸兵衛の倅宗之助(海老蔵)までがからむとはいえ、弁天小僧はもっと前に出てもよかったと思いました。

 稲瀬川の勢揃いはいつものことで、安定しまくりですが、観ていて爽快なことには変わりなく、捕り手のリーダーが音吉さんってのも、本当に変わりなく安心して観てられます。

 極楽寺屋根上は年齢相応の立ち回りとなりましたが、25日間連続で毎日することを考えると上出来だと思うし、がんばってる菊五郎でした。最後もギリギリまでふんばっているのがすごかった。濱松屋で女に化けた時の白粉の厚さを除けば、従来の菊五郎の弁天小僧というイメージを裏切らない出来だったと思います。

 團十郎もよかったですが、成田屋の演じる日本駄右衛門という型枠のままで終わった感じもします。ただ、稲瀬川の勢揃いではスケールの大きさが出ます。時蔵の赤星、三津五郎の忠信利平も丁寧で分かりやすくてよかった。かつては菊蔵さんがよく演じ、菊之助の襲名披露のときは菊五郎が演じた鳶頭を梅玉。無駄に贅沢な配役にも思えますが、大歌舞伎のバランス的にはよかったと思います。幸平衛の東蔵はよかった。メインキャラがみんな泥棒で、ある意味むちゃくちゃなこの演目で、きちんと真面目に立ち振る舞いで商売人の風情を出さないといけない役どころですから、東蔵さんの価値は高い。話し方もそうですが、畳の上に両手をついて頭を何度も下げる濱松屋の場において、自然に頭を下げたりできなくては嘘です。嘘なんですが、その息子を演じていて海老蔵はウソだらけ。声を工夫しすぎて、先月のお辰よりも女らしい声になってしまっているのはご愛嬌としても、いったいどういうキャラなのか、まったくもって表現できていません。ひどい。商人として頭を下げなくてはならないのに、どこか迷いがあるのです。台詞で「もうしわけございません」と言いながら自然に頭を下げられなければ家業がウソになります。でも、海老蔵はまるで「すし屋」の弥助のごとく本当は貴人なんですか?ってごとくに商人らしくない商人。弁天小僧らが帰った後、日本駄右衛門を奥に通すところでも、東蔵が自然に頭を下げているのに海老蔵は「ここでまた頭さげんの?」状態で中途半端。それも初日に観たからならばともかく、1週間も経っているのにそんなザマ。情けない。本当にひどい。こんな芝居するならもう歌舞伎になんか出なくていいので、ドラキュラでもスタンド・バイ・ミーでもやっててください。

 土橋の富十郎さん、台詞が入ってないようでプロンプターを使っていたのがちょっと残念ですが、後ろや上の席の人には分からないレベルってのがすごい。山門で團十郎にからむのが先月こんぴら歌舞伎で大活躍だった市蔵と男女蔵。大歌舞伎ってそんなもの。濱松屋から勢揃いまでしか出ないと、あの人ダレなんですか?状態の菊十郎さん、通しだとキャラ設定が分かりやすくて何より。

 来月は博多座で菊之助や梅枝といった世代交代バージョンで濱松屋と稲瀬川を出すらしいです。稚加栄さんでうまいメシ食いたいから、という理由で遠征すべきかどうか検討中です。


三升猿曲舞

「しかくばしらさるのくせまい」という外題のこの舞踊でも松緑のすばらしさが圧倒的でした。歌舞伎らしくするために奴とからむ必要があるのかもしれないが、松緑ほどの踊り手に果たして幕切れ以外、必要だろうか、とも思いました。松緑の堂々とした立ち振る舞いの前では、名題下のお弟子さんがどんなに優秀でも勝ち目がないのは顔を見比べただけでわかってしまいます。

 松緑のすばらしさは、どんな細かい所作や動作でも迷いがないということ。これは藤間藤子から教わったから余計に気を付けているいる部分はあるのだろうとは思いますが、止まるところでは止まって動く所では無駄なくきちんと動くという基本を積み重ねて「芸」にできる役者/舞踊家としての大きさは、ただ者はではないのですが、いったいどれだけの人(見物)が理解しているのだろうか、とも思います。

團十郎並みに化粧(かお)が上手なのもいいです。普通の役者ならば、ある程度ぼかしをいれないと成立しないような化粧も、ごまかしなくすばらしいので、ぼかし無しでも成立しています。今回も猿ということで工夫された格の高い化粧(かお)でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/71

About

2008年05月10日 20:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「女形の上手な噺家 古今亭菊之丞」です。

次の投稿は「第73回歌舞伎鑑賞教室「神霊矢口渡」平成20年6月・国立劇場」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。