« 2007年10月 | メイン | 2008年01月 »

2007年11月 アーカイブ

2007年11月08日

レビュー「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部

 今月は特に観劇予定を立てていなかったのですが、衝動的に何か観たい(何でもいい)という気持ちになり、歌舞伎座の夜の部へ出かけました。初日が1日で、翌2日に観劇したので台詞の入ってない役者もいました。演目も配役も味わいも微妙でした。

宮島のだんまり
 20分ちょっとの演目ですが、大薩摩もあるので正味はかなり短い演目のために顔してこしらえして舞台に出てくるだけアホらし、と皆さん思わないのかなぁ、と余計なこと考えてしまうくらいつまらない舞台です。そんなもんかもしれません。最後、花道の引っ込みですが、NHKの歌舞伎番組で何度も放送された芝翫のそれに比べると、福助のは妖艶さが足りないというか、男女のいびつなバランスを歌舞伎らしく表現しきれていません。

山科閑居
 出演俳優がバラバラでした。自分のしどころばかり事務的にこなしているような。悪い舞台とは言いませんが、それぞれの役がどういう腹で、人間関係および仇討ちにどう関係しているのかが、こんな舞台では分かりにくい。分かりやすくする必要はないだろうが、これでは源氏の話を忘れて「義経千本桜」をやってるようなもの。
 白い雪布の敷かれた花道を戸無瀬(芝翫)が傘を差して出てきますが、傘の上の雪を模した綿があまりにも薄すぎて2年くらい埃の多い所にでも置いてあったものを取り出してきたような不潔感があり、いただけませんでした。もっとたっぷり雪を乗せて、思い詰めてここまでやって来た、というような雰囲気を出せないのでしょうか。雪道で山道(山科ですよ!)なのに簡単そうに歩いてくるのも雰囲気なし。
 芝翫の戸無瀬は策略が無さすぎます。まるで運命に流されてるだけの無実の巻き込まれ被害者みたいな感じがしますが、武士の妻で自害まで覚悟して来た人とは思えなかった。
 菊之助の小浪ですが、相変わらず作った女形の声が耳障り。最初の返事する声は裏声がききすぎて、ミッキー・マウスのようでした。こちらも武家の娘であることの自覚が足りなく、時々、芝翫ともども世話物から抜け出してきたような居場所を間違っている母娘のようでした。眉毛を太く描いてあってビックリ。
 染五郎ですが、可もなく不可もなく。寺島しのぶの弟とどんな気持ちで共演しているのか。
 この幕の戦犯を一人挙げるとすれば幸四郎でしょう。重厚にしようとしているのか分かりませんが、やればやる程に浅はかさの深みにはまっていくのです。最後に瀕死状態になる役ですが、瀕死になればなるほど、バンテリン塗ったら治りそうなオーラ。若作りや身奇麗が行き過ぎている幸四郎が、半分白髪の混じった頭の役で自ら死を選ぶ、という設定が嘘くさい。今月だったら梅玉か左團次か仁左衛門で見たかった。
 吉右衛門の大星由良之助は事務的だった。目の前でおっさん(加古川本蔵)が死にかけているのに、吉良邸討ち入りマップGETした瞬間、討ち入り仮面に変身して情感も無く飛び出すとは、なんとも色気も愛情もない。
 その妻お石を演じた魁春だけはすごくよかった。さすが歌右衛門の息子。きちんと武士の妻である、その姿、佇まい、話し方など、歌舞伎の役を演じることがどういうことであるのかを主張することなく明確に提示していたのは魁春だけでした。

土蜘
 富十郎親子が、おいしいところをかっさらいました。鷹之助くん大活躍。富十郎も出演者中で一番声がでかい!(いつものことですが)主役の菊五郎のほか、仁左衛門、梅玉、菊之助、芝雀、左團次らも出るおいしい幕ですが、個人的に一番うれしかったのが、菊十郎さんの後見が見られたこと。名後見ここにあり、でした。後半は音吉さんと一緒の後見でしたが、こういう演目は後見の糸さばき(?)がきちんとしていないとかなり見苦しいのです。

三人吉三巴白波 大川端庚申塚の場
 意外や意外、孝太郎がお嬢吉三。見巧者の大向こうの人にとってもそうだったんでしょう。夜鷹のおとせ(宗之助)が花道に出てきて、次に出て来たのが松嶋屋なのに「音羽屋!」と叫んですぐさま「松嶋屋!」と訂正したくらいですから。(菊五郎の得意な役だからしょうがないですが。)
 その孝太郎ですが、ちょっと古風な可憐さが前面に出ているのでおもしろいお嬢吉三だな、と思いました。好きです。ただ、まだ2日目とはいえ、女の声と男の声との行き来ができてなかったのが残念。玉三郎ならば期待したくてもできないところでしたが、せっかく声もあるんだから、女のフリしている時の声と男の声の使い分けはもっと工夫して欲しい。
 お坊吉三の染五郎は台詞がよくない。わかりずらい。耳に入ってこない。そしてなにより、悪党らしさがない。ダメ。
 またしても上出来だったのが和尚吉三の松緑。これが初役だったのかは分かりませんが、もう何度も演じているような安定感と台詞のキレの良さは本当にどこからくるのでしょうか。いい意味で不思議でなりません。三人の中ではリーダー格となるにふさわしい台詞まわし。役にすーっと入っているようで他の2人のようなとまどいが一切感じられないのもいい。
 染五郎さえ外してくれるなら、このまま通しで観たい、と思わせる幕でした。(よ)

2007年11月25日

通し狂言「摂州合邦辻」レビュー

 25年ほど前、初めて歌舞伎座で観た演目の中に歌右衛門の「摂州合邦辻」(合邦庵室の場)がありました。初めて文楽を観たときも演目の中に「合邦」がありました。縁があるのか分かりませんが、その後、梅幸の「合邦」も観て、平成に入ってから文楽でももう一度みて、菊五郎の「合邦」も観ました。しかし、通しでは一度も観たことがなく、先日よんだ「菊五郎の色気」に菊五郎自身の発言として通しで出すとおもしろい作品だ等の意見が紹介されていたせいでしょうか、つい観てしまいました。
 山田庄一氏による補綴・演出ですが、基本は丸本と藤十郎の武智歌舞伎体験のようです。国立劇場が開場するまで、初演以降は全段(全幕)通しの上演がなかったとのことですが、他の復活通し狂言のように極端につまらない幕はありませんでした。むしろ、二幕目の高安館の場面において玉手(藤十郎)と羽曵野(秀太郎)との対決などは、もっと見せ場としてふくらませて欲しい、とさえ思いました。
 初めて歌右衛門の玉手で「合邦」を観たときは、戸口に立っている時間と刀を刺されてから死ぬまでの時間が長過ぎるように感じられたものですが、今ではビデオで見ても、今回の観劇でも、逆にもっとたっぷり演じて欲しいと思うようになりました。年齢のせいなのでしょうか。

序幕 住吉社前松原の場
 埋め立て前の住吉神社ですので、なんと浜辺に位置しています。昨年、堺から関空まで乗ったタクシーの運転手さんが左手に見える海岸は昔は風光明媚な所だった、なんて話をしてくれたことがありましたが、大阪の埋め立ては本当にすごいんだ、と幕が開いて今更ながら関係ないこと思い出してしまいました。プログラムに山田庄一氏も書かれていますが、この場面の玉手は下げ髪。そして俊徳丸(三津五郎)は前髪。役者の実年齢はともかく、立派な家の人間とはいえ、恋愛感情が暴走してもおかしくないような若さ、という設定がよくわかります。また「庵室の場面」だけだと分かりずらいのですが、俊徳丸が前髪のイケメンという設定であることも分かるので非常に効果的です。歌舞伎だと観客が想像する義務を追うのがちょっと辛いですが、要するに若くて美しいだけの存在そのものが罪になっているような世継ぎの若君なのです。(少なくとも玉手の目には。)今風に言ったら、若くして中年か初老のスケベオヤジ社長夫人となった女性が中学生か高校生の美少年の継子に恋してしまうような話なのでしょうが、その若き女性の献身的な恋愛感情には20世紀風に言えば、ジャン・コクトーや詩人ギンズバーグのような美少年に対する感覚が必要だから文楽というメディアが必要だったのでしょう。こういうのを観ると、この文楽芝居が成立した頃の観客って、きっと存在感や可処分所得が高まっていた都市部の女性が多くいたのだろうなぁ、と想像してしまいます。だって、男尊女卑の社会にあって女性が主人公で、しかもそのヒロイン(玉手)の想いと行動力の激しいこと。同じ文楽芝居で、この作品よりは60年くらい前に初演されたという「鑓の権三」は女性の話でもありますが基本的には武家社会における不義密通(姦通)と敵討ちという武士の話でもありますが、「摂州合邦辻」は俊徳丸が正当なるお世継ぎ様であり守らなくてはならない、という武家の話を大枠としては保っているものの、献身性はあっても忠義の話とは違います。初っぱなから畜生道であるとか、道ならぬ恋であると但し書き的な台詞は出ますが、女が性欲むき出しで若い男を好きになって何が悪い!的に堂々としたものです。(上野千鶴子はこの芝居を観たことがあるのだろうか?)
 “住吉毒酒”とも呼ばれるこの場面の後半、玉手はお神酒を偽って【鮑の貝】がらでできた杯で例の毒を盛るのですが、考えるにこの場面が玉手と俊徳丸の祝言で、クライマックスの玉手の血による解毒は、血縁を作るための真の親子関係の擬似的構築とも読めます。夫婦となっても本当の意味での血縁関係とはなれませんが、血を飲ませることで疑似出産、らい病と思われた疑似難病の完治で命の再生。壮絶なまでに罪深い玉手を描くにはこの場面は必須だし、実の父である合邦(我當)が閻魔を信心するのも当然。玉手が俊徳丸に言い寄り体で寄り添うように、前世はイタリア人男性?的にベトベトするのですが、藤十郎の肉体的な制限があったのか、動きとしてちょっとぎこちなかった。藤十郎の玉手は、意外にもと言っては失礼ですが、品があり、少なくとも浅香姫を演じた扇雀よりは若々しかった。観客の中には藤十郎の体型が許せない人もいたようですが、歌舞伎では実年齢キャストが不可能な難役。イヤなら文楽で観るか床本を読むしかない。個人的には藤十郎は問題ではなく、何年たっても芝居も台詞もうまくならない進之助。複数の幕に出るような役を与えないで欲しい。同じ片岡三兄弟の御曹司でも、孝太郎は孝夫(仁左衛門)という偉大なる父がいる割には七光りを浴びずに地味に堅実にやってきたと思いますが、この芝居で次郎丸を与えられた時点で進之助にとっては七光り以上の大抜擢をされたようなもの。予想通り応えてくれてませんが。(誰も期待しないって?そうかもしれませんね。)

二幕目 高安館表書院の場/同 奥御殿庭先の場/河内国竜田越の場
 お家騒動的な筋立ての中に、玉手の道ならぬ恋は家の中でも断固として許されないものである、という駄目押しのようなもの。悪巧みが描かれたりしますが、全体としては薄味。「先代萩」や「加賀見山」ではありませんから羽曵野と玉手が腰元を巻き込んで対決するようなことがないのは、ヒロインが良識派ではないからかもしれませんし、元が文楽芝居のため歌舞伎芝居に比べると登場人物が少ないところから始まっている上に、歌舞伎の演目として成熟させられるほど上演回数がなかったからかもしれません。(特に劇団芝居として。)
 秀太郎はみなぎるような正義感で羽曵野をよく演じていたと思いますが、演技力に見合うような台詞もしどころも少なく感じられて残念。秀太郎との対比で、藤十郎がやや色物に見えるかな、と心配したのですが、意外にも大丈夫でした。秀太郎はこの場面で愛之助とはじめて夫婦役で共演とのことでしたが、一緒に出ている時間の短いこと。愛之助は男役のほうが似合う。

三幕目 天王寺南門前の場/同 万代池の場
 我當が合邦。ついこの間までお父さんの仁左衛門がやってた役ではないか、と最近、歌舞伎の世代交代の波に呆然としてしまって劇場から足が遠のいている今日この頃。我當が合邦として立派に成立しているのはこの演目を更に上演するにあたって心強いことではあります。通しで観るのは初めてなので、合邦という役がこんなにおどけたキャラであったのか、とちょっと驚きました。
 万代池の場面ですが、俊徳丸は花道から登場。台詞には何度も「らい病」と出てきますが、プログラムには「難病」と書いてあります。そのような病と思っていたからこそ、粗末な藁小屋に暮らすボロをまとった盲人となっています。ストーリー展開的には、あの前髪の俊徳丸が乞食に?みたいなショックがないといけないのでしょうが、「合邦庵室の場」を観過ぎているので、あ、やっと馴染みある俊徳丸だ、と見てしまいます。よくないことですが、通しとして出す場合、お世継ぎ様としてピカピカの俊徳丸と、哀れな姿に落ちぶれた俊徳丸との対比がもっとあればよかったろうに、と思います。次に出て来るのが補綴により今回の「摂州合邦辻」では初登場の浅香姫(扇雀)。確かに三津五郎は背が低い。でもハッキリ言ってこんな若さの感じられないごつい浅香姫は演じてる側に問題がないだろうか。無理があります。「釣女」じゃないんだからさ。(扇雀より年上でも芝雀なら無理無く若いお姫様を演じられるぞ!)朝香姫も運命に翻弄された被害者でもあるはずなのですが、まったくかわいそうじゃない。羽曵野の夫を扇雀にして、浅香姫を愛之助に演じさせたほうがいいのでは?と誰も思わなかったのだろうか?今回は俊徳丸を車に乗せて、朝香姫ひとりで曵いて花道を引っ込むのですが、たくましすぎた。萎え。

四幕目 合邦庵室の場
 おとくが吉弥でビックリ!でも、おめでとう!とも言いたくなりました。老人にしては声が元気すぎる面もありますが、出しゃばらないのが徳。くどいですが、我當が合邦。ああ、道理で歳とるわけだ。
 プログラムに文楽人形遣いの吉田文雀さんの貴重なインタビュー記事が載っています。文楽ではこの場面をどう演じられてきたのか、といった内容です。頭巾をどのタイミングで外すのか、といったことが語られていておもしろいです。(一読の価値あり。)
 今回の庵室の場で思ったのが、合邦とおとくの家族愛が全面的に出ていること。記憶違いかもしれませんが、以前に観た芝居では同夫婦、少なくとも合邦は、玉手を突き放すようにしていたし、距離感があったし、もしかしたらあの扉は永遠に開かないで閉じたままなのかもしれないような悲壮感があったと思います。しかし今回は、戸口の外にいる段階で頭巾は外し、家の中に入るのも早いしスムーズだし、ちょっと現代的な印象でした。要するに感情と常識と世間体の闇が薄いのです。
 その分、といっては何ですが玉手の烈女ぶりは出ていました。文楽だと玉手が浅香姫に対してものすごい暴力を振るいます。人形だからなせる技ですが、今回はややですがそれに近い瞬間もあってよかった。普通の女とは違う、という部分が出てて。それでいて品がなくなることもないのはよかった。世話物に出ると自分の台詞まで待てない出しゃばるような感じで困った存在になることもある藤十郎ですが、この芝居に関しては悪い癖を封印していました。好みの分かれるところでしょうが、もうちょっとだけ息絶え絶えの台詞をたっぷりやってもよかったと思う。あと今回は「おいたわしきや俊徳様」というフレーズが耳に残らなかった。梅幸の玉手ではすごく印象的でしたが。
 今回は最後に主税之助(愛之助)がやってきて悪事は露呈したと吉報をもたらします。今回の補綴で付け加えたそうですが、不要だったかな、と思います。確かに俊徳丸が家督相続を晴れてできる、というのはいいことですが、それ以前にドラマの中心が玉手に移っているのだし、悪人をやっつけたのは玉手の手柄でもないし、俊徳丸が自分の家督相続に対して気にかけていたと思えるような筋立てでもなかった。ハリウッド映画とは異なり、歌舞伎や文楽では、物語の集結を必ずしも明確にしないものだし。朝香姫付きの奴入平を翫雀が好演。(よ)

About 2007年11月

2007年11月にブログ「(よ)の歌舞伎ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2008年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。