« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月 アーカイブ

2007年04月08日

市村萬次郎

来月の團菊祭、夜の部を観る予定はないのですが、先日届いた歌舞伎会の会報「ほうおう」にインタビュー記事が載っていたので一言。

萬次郎さん、以前はあまり好きな役者ではありませんでした。片岡我當と並ぶ大声俳優、位にしか。でも、最近の舞台ではすごくいい感じで脇役。そのインタビュー記事の4ページに、“女方”の衣装で青空を見ると「年も取ってきた男が何て不思議なことをやっているだろうと思います。自然を感じた瞬間に違和感を覚える。特殊な世界なんですよね」と語っています。エッセー書かせたら賞のひとつやふたつ、軽く取るのでは、と思えます。

記事には書かれていませんが、パルコで上演された三谷幸喜による新作歌舞伎「決闘!高田馬場」に萬次郎さんが出ることになったのは三谷幸喜が新橋演舞場で「児雷也」を観た時、萬次郎さんの声に惚れて出演をお願いしたのだとか。

歌舞伎の場合、主役しかしちゃいけないような幹部俳優がいる一方で、以前は我童さん、権ちゃん、延若さんといった、主役と脇役を往来できるような役者さんもいました。数年前から、いわゆる「中の人達」がいないので出せない芝居が増えてきた、とも言われています。メディアが海老蔵や勘三郎といった主役を勤める幹部俳優を取り上げるのは結構ですが、見物までが萬次郎さんや亀蔵市蔵兄弟や左團次さんのような役者さんや名題役者の力を見る目を持たなかったら歌舞伎の衰退は地球環境以上に加速的に早まるであろう、というのが持論です。

2007年04月25日

今年の「合同公演」決定!

第13回稚児の会・歌舞伎会「合同公演」の開催と日程が決まりました。

 日 程:8月22日(木)〜26日(日)
 会 場:国立劇場 小劇場

演目は「寺子屋」・「乗合船」(A班・B班)と「須磨の写絵」・「勧進帳」(C班)です。

電話予約販売は6月13日(木)からとなります。

「続・二号」杉村春子の台詞

今月、BS-2で杉村春子関係の番組がいくつも放送されています。その中で飯沢匡作・演出の「続・二号」という喜劇も登場。劇中、おもしろい台詞があったので引用します。

色紋付を着た新郎が登場した場面でのやり取り。
  御園とく(杉村春子)「孝夫さんみたい」
  直人(早坂直家)「誰それ?」
  とく「関西の歌舞伎役者」

昭和59年の舞台で、その当時、孝夫さん(現・仁左衛門)と杉村春子が共演済みだったのかはわかりませんが、少なくとも4年後「心中宵庚申」では共演されています。孝夫さん、その頃は既に人気者でしたし、野村芳太郎監督の映画に出演したり、自分が高校生の頃は「クイズグランプリ」や「スター千一夜」の時間帯のてこ入れ失敗番組「逆転!クイズジャック」(昭和56年)という短命番組の司会まで勤めてましたから、それなりに歌舞伎ファン以外でも知られていたと思うのですが【関西の】歌舞伎役者とは、今ではちょっと時代な形容句だな、と思いました。

About 2007年04月

2007年04月にブログ「(よ)の歌舞伎ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年03月です。

次のアーカイブは2007年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。