« 通し狂言「義経千本桜」レビューその1 | メイン | 通し狂言「義経千本桜」レビューその3 夜の部 »

通し狂言「義経千本桜」レビューその2 昼の部

序幕 鳥居前
荒事風の「鳥居前」ですが、改めて菊五郎の役の幅の広さに感心しました。福助についてはあえて語りませんが、梅玉の抑制の効いた義経がすばらしく、この「鳥居前」の義経が「四の切」まで一貫しているのも素晴らしいこと。四天王の男女蔵はいいとして、亀三郎(松坂大輔そっくり!)と亀寿も行儀よくいいのですが、松江がよくない。義太夫なり学んでくれないと。玉太郎時代、数年前の鑑賞教室で解説をした時は顔よし話よしで好感が持てたのでしたが、確かに御注進のキレがイマイチだった。この幕の左團次もよかったです。この幕を見ているだけでも「天守物語」の赤鬼さんは左團次しかいない!と関係の無いことまで考えてしまいました。亀蔵が役名こそ違え“藤太”の役で出演。相変わらず声がデカい!菊五郎劇団でも、中村屋の芝居でも、とけ込む能力は非常に高いといつも思っております。

二幕目 渡海屋/大物浦
幸四郎が知盛ですから、びっちり固まった幕を期待していた部分もあるのですが、意外にも意外、藤十郎の局で肩が凝らずに済みました。帝を抱きながら赤い涙を流すも、世話物で脇役にまわった時に出しゃばるようなこともなく。幸四郎は幸四郎でいいのですが、形(型)をきっちりやればやれる程、自己完結バリアが良くも悪くも幸四郎。歌舞伎の幸四郎に独特の孤独さは健在です。自分は年齢的に白鴎の舞台は生で見た事がないからかも知れませんが、幸四郎の舞台、特に荒事や所作事を見ていて、叔父の松緑によく似ている、と思うのです。お父さん同士がソックリだったから当たり前なのかもしれませんが、幸四郎を松緑に重ねてしまうのが自分のクセです。でも、重ねれば重ねる程、いかにも大歌舞伎の役者だった松緑と幸四郎は違うのだ、と認識します。最初から青隈で“死人”の知盛とはいえ、松緑にあったような武士としての江戸時代的に美化された感のある悲壮感がなく、せっかくのクライマックスも段取りと化しているような感じがします。おまけに黒子(波が背景なので実際には青子ですが)の段取りが悪いのか、碇の綱が運命の残酷さと波に朽ち果てる決意の美でグルグルと落ちゆく筈なのにムラがあったのが残念でした。役者が熱演しても、こういうワーグナーのオペラみたいに、この2時間の幕の全てがこのクライマックスのためにある、みたいな所でトチって欲しくないです。興ざめでした。筋書きに誰なのかクレジットさえ出ないようなお弟子さんなのか大道具さんなのか知りませんが、そういう技をなんとかしないと。「大物浦」で帝をかついでいた光紀さん、大変そうでした。幕切れ、お役御免になった時のほっとした表情が印象的。局の衣装もあり、決して短い時間でもなく同情します。

三幕目 道行初音旅
この道行、菊五郎のも芝翫のも、いったい何度観たことだろう。ご両人の組み合わせ、御園座でも観たような記憶が…。悪役顔なのに静御前とは厚顔なりけり、神谷町。しかも、所作というか立ち振る舞いが町娘。静御前は本当のプリンセスとはちょっと事情が違うとはいえ、もっと優雅にできないものか。もうちょっと若かったら雀右衛門で観たかった。芝翫は品格に欠ける。無いとは言わないが。例えば、鼓を包んでいる紫の布を後見に渡すのに、まるでゴミでも投げ捨てるように後に持っていくような動作、納得できません。義経から預かった鼓を包む布。その場で織り畳めとは言わないものの、そういう丁寧さが欲しいもの。芝翫って「藤娘」でも笠の紐を筆に見立てて文を書くものの、その筆を硯に置くことなく紐(=筆)を捨てるようにあしらうようなことを平気でしたり、白髪の老婆の役なのに正座の手の位置が若い女形と同じ脚(太もも)の付け根に置いたり、歌舞伎や所作事の基本が分かっている人なのだろうか?とマジで疑問を感じさせてくれる人です。菊五郎はそつなく、手慣れたもの。藤太を仁左衛門が務めているのはいいのですが、仁左衛門に対する拍手は芝翫と菊五郎に対するそれを遥かに超えてます。役者の名前や屋号をからめた台詞も上手で言う事なし。あえて言うならば主役を食ってしまっていること。人気度では、ですが。ただ、昼の部では「鳥居前」で既にもう一人の藤太が出ているので、どうかと思う部分もありますが、だからこそ仁左衛門でよかったとも思います。清元延寿太夫、ちょっと久しぶりと思ったら白髪部分も増え、以前のようなガングロでもなくなっていたんですね。(よ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/8

About

2007年03月11日 18:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「通し狂言「義経千本桜」レビューその1」です。

次の投稿は「通し狂言「義経千本桜」レビューその3 夜の部」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。