« 2012年06月 | メイン | 2012年11月 »

2012年07月 アーカイブ

2012年07月22日

映画『サウンド・オブ・ミュージック』は Politically Correct か?

 雑談です。

 タイが好きで何度も出かけていますが、かの王国ではシャムを舞台にしたトンデモ・ミュージカル『王様と私』は上演・上映が禁じられています。先日、初めてその映画版をDVDで見ましたが、あまりのひどさに途中から早送りにしてしまいました。特典映像で、アメリカでのプレミア上映会には当時の駐米タイ大使夫妻が招かれたとのことですが、さぞ驚いたことだと思います。私も『サヨナラ』の“ナカムラ”なる歌舞伎役者を筋肉質の白人(正確にはヒスパニック系)俳優が演じているのを見た時以来の、衝撃でした。

 ミュージカル『王様と私』は、作曲家のリチャード・ロジャースと作詞家のオスカー・ハマースタイン2世のアメリカ人コンビによって書かれたものですが、この2人は『サウンド・オブ・ミュージック』の作者でもあります。両作品に共通するのが、異国の話を英語の台詞と楽曲で表現していること。(そういう意味では『シュレック』シリーズと同じです。)

続きを読む "映画『サウンド・オブ・ミュージック』は Politically Correct か?" »

アメリカ中西部なまり

 コロラド州の映画館で乱射事件がありましたが、ニュースを見ていると懐かしい中西部なまりでレポートする記者がいました。

 劇場を意味する theater(シアター)ですが、アメリカ中西部などへ行くと the-AYTER (シエイターthe-as in "theology" and -ayter sounding like "(I) ate her (whatever).")という発音を耳にします。

続きを読む "アメリカ中西部なまり" »

2012年07月28日

メモ

 通訳で何が一番苦手かと言ったら、メモ取りとメモによるリプロダクションしかないだろう、というくらい自分にとっては永遠のテーマ。そんな苦手意識から相葉光輝・著『仕事は「捨てメモ」でうまくいく』という本を読んでみました。

 いわゆるビジネス本・自己啓発本のカテゴリーに入るものですし、通訳への応用という点ではあまり期待してはいませんでしたが(著者様、すみません。)、なるほど、と思える点がいくつかありました。

続きを読む "メモ" »

About 2012年07月

2012年07月にブログ「An Interpreter's Blog (通訳雑記帳)」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年06月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。