« 再指名されないフリー通訳者たち(下) | メイン | とある地方の通訳講座 »

The IOC

 契約書等の翻訳をされている方ならば、今更そんなこと、と軽蔑されるかもしれませんが、通訳者として英語をつかっているとおろそかになりがちなのが、どの組織(entity)に定冠詞を付けるか付けないか。

 本日未明以来、日本でもアメリカでも2016年夏のオリンピック開催に向けた招致活動が失敗におわったことがトップニュースとなっていますが、アメリカのニュース番組で専門家によるコメントを聴いていると、国際オリンピック委員会(IOC)には必ず "the" が付いていて、アメリカ合衆国オリンピック委員会である USOC には付いていなかったりします。

 通訳者でも英語ネイティブの校正者でも、そういうディテールに気付き注意してくれたり教えてくれる人たちは同僚としてありがたい存在です。自分も、まだまだフリーハンドで通訳していた若い頃、アメリカ人の同僚から教えていただけたことは幸運だったと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/143

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年10月03日 09:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「再指名されないフリー通訳者たち(下)」です。

次の投稿は「とある地方の通訳講座」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。