« 雑音と同時通訳者 | メイン | 口調 - 綾小路きみまろが心がけていること »

正訳が誤訳になるとき

 東京大学の話です。新卒採用だったり、“お客様”としての法人だったり、社内通訳をしていると出てくる名前です。日本で長く働いている外国人のなかには "Todai" という呼称まで知っていたりします。(東京大学OBが本当に母校を「東大」と呼んでいるのか、という話はありますが。)

 東京大学の英語名は the University of Tokyo で、現役東大生が略して UT と呼んだりするのを聞いているので、通訳ブースにいて「東大」や「東京大学」という固有名詞が聞こえてきたら、「the University of Tokyo」と訳すのですが、英語で発言する日本人役員や東大卒の役員や社員までが「Tokyo University」と発言するので困ります。

 採用の通訳をすることもあるので、大学の名称にはこだわりがある、というか、通訳者だったら、固有名詞は固有名詞ですから、調べたり、資料の名称にハイライトペンでマーキングしたりするものです。正確な通訳を心がけている通訳者だったら、誰だって。

 UT だって TU だって、通じればいいじゃない、と言われたことはありませんが、Tokyo University of Foreign Studies で東京外国語大学、Tokyo University of Science で東京理科大学、Tokyo University of Agriculture で東京農業大学と、まぎらわしさを避けるためにも、the University of Tokyo で訳したいのですが、会議出席者の日本人が Tokyo University と英語で発言し、下手するとパートナー通訳者まで Tokyo University などと訳すと、the University of Tokyo と訳す自分だけが用語間違いをしているか、柔軟性の無い頑固者のようになってしまいます。

 東京大学とは縁もゆかりも無い人達はともかく、東大OBって、早稲田や慶應のように母校に思い入れもなければOB同士で交流もあまりないし、優秀な人(特に法学部)ほど本郷キャンパスであまり時間を過ごしていないから母校には卒業後、あまり思い入れが無いのでは?という説もありますが、せめてバイリンガル東大OBくらいは the University of Tokyo と言い張ってくれ!と、心の中で叫ぶこともあります。

 ちなみに京都大学は Kyoto University。誤訳の心配がなくていいです。名古屋大学も Nagoya Universityで、長崎大学も Nagasaki University。ノーベル賞ものですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/89

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年10月14日 17:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「雑音と同時通訳者」です。

次の投稿は「口調 - 綾小路きみまろが心がけていること」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。