« 下手な翻訳者 | メイン | 同時通訳者によるモラル・ハラスメントと“自己愛的な変質” »

VOWってる英訳 — 下手な翻訳者続編

下記の下手な翻訳者、再訳が提出されましたが、とにかくヒドい!

社名を間違える、会長を社長メッセージの翻訳者として扱う、なんてのはいい方。次第に笑える英訳になってしまっていたのでした。

「三億円事件」を"The 300million yen bank rubbery incident"と訳してるのです。はあ?まず、三億円は 300 million yen ときちんとスペースを開けてください。あと、三億円事件は白バイ警官を偽った犯行ですので銀行強盗ではありません。bank rubberyで銀行強盗のつもりなんでしょうが、強盗ならば robbery 。銀行のゴムって何?

最高に笑ったのがこれ。

東西ドイツの統合を "The unification of east and west Germanies"と訳したのです。ドイツ Germany を複数化しているのがすごい!しかも、本来はひとつのドイツだったワケですから reunification が定訳。再統合という意味ですが、至極当然のこと。西ドイツは West Germany 東ドイツは East Germany。一緒に東西ドイツと言いたいからと国を複数化していいんでしょうか?

こんなふざけた非常識な人でもプロの翻訳者として通用するのが日本。こんな訳でも丸投げして、大したチェックもしないで納品する非常識な翻訳会社が存在するのも日本なのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/31

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年06月13日 19:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「下手な翻訳者」です。

次の投稿は「同時通訳者によるモラル・ハラスメントと“自己愛的な変質”」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。