« 通訳者の疲れ方 | メイン | 1+1が2以上でありえないと考える偏屈な人 »

地方の通訳者って...?

地方での会議が決まり、某通訳会社の地元事務所に電話をしました。
ひと言で内容を伝えるのが難しいとはいえ、某若い女性営業担当者が根掘り葉掘りの質問。
(どっちが発注者でお客やゆうんねん?!)

その質問に、日英/英日の割合は?というのがあって、正直、あきれました。

ヨーロッパではともかく、日本において英語⇔日本語の【プロ】通訳者と名乗るのであれば、どっちかしない、とか、どっちが得意などとは問題であってはいけないことだと思ってます。個人的な見解にすぎないかもしれませんが、日本語から英語に通訳、あるいは逆方向の通訳を得意/不得意などと自ら発言したり開き直るのはレベルの低い社内通訳者の台詞。

その地方、日本では片手に入る大都市圏。通訳スクールは数あるけど、優秀な人材でも東京へ出るか、英語教師に出るかの選択を迫られる程、安定して仕事が無い土地柄、というのは知り合いの同業者の弁。彼女もその地方出身で、彼女の知り合いも優秀でありながら実務経験を積み重ねることができないでいる、とのこと。

上記女性営業担当者の質問は、その土地で天狗になっている会議通訳者からよく訊かれる質問なんでしょうね。でなければ、通訳レベルの英語力もないのに、そんなこと訊くワケがありません。コーディネーターに対する同時通訳者のパワワラ(「資料ないんですか?だったら通訳できません。私たち《同時通訳者》がいなかったらこの会議、進行できないんでしょ?」等々)が少なくとも過去においては横行していた土地柄だけあります。

同時通訳者は個人事業者であってマナーや社会的な常識がズレているのは当たり前すぎて諦めている。あきれた人達なんですが発注単価が高いので通訳サービス会社も文句は言えないんでしょうね。営業担当者には同情する部分もありますが、国際会議同時通訳者のコーディネーターや若い営業担当者に対するパワハラやそれに近い行為が発注者まで耳にする恥というものを知って欲しい、と思ったのは今日が始めてではありません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bobbi.jp/adminsys-blog/mt-tb.cgi/18

コメント (1)

ミッキー:

通訳雑記帳、とっても面白いですね。引き込まれて、次々読んでしまいました。書かれている内容一つ一つに、「そうそう、その通り!」なんて気炎を上げながら読んでいます。
以前は、プレゼンテーションの通訳などほとんどが英日でしたが、最近、「聞く方はある程度わかりますから」という日本人が増え、通訳は日英の占める比重が増えてきています。それに商談などの場合は、同時通訳でも逐次通訳でも資料無しがほとんどで、その分野の基礎知識は普段から勉強しておくことが必要になってきています。

それにしても、「実力が伴わない通訳者ほど天狗が多い」というのはおっしゃる通りですね。でも私も会議通訳の一人なので、同業者を代表してお詫びします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年04月11日 19:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「通訳者の疲れ方」です。

次の投稿は「1+1が2以上でありえないと考える偏屈な人」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。